大坪保育園 | 宮崎市の保育園 認可保育園

苦情解決処理制度について

- Dealing with grievances -
園への苦情・ご要望等はご遠慮なく保育園職員にお話しいただくか、玄関に設置してある意見箱(無記名可)をご利用ください。
担当 園長:山田 茂見
解決責任者 理事長:山田 卓志
第三者委員 飛江田保育園 園長
高妻 秀次
ひなた保育園 園長
石本 由美子

苦情処理報告会 議事録

場所 大坪保育園(宮崎市大字恒久字野中6100-1)
参加者 第三者委員 石本由美子(ひなた保育園園長)
第三者委員 高妻秀次(飛江田保育園園長)
苦情解決責任者 山田卓志(大坪保育園理事長)
苦情受付担当者 山田茂見(大坪保育園園長)
受付日 平成30年5月15日
受付担当者 保育士
相談者 保護者 (利用者との関係:母)
内 容 朝登園時におしっこをした後に、おしりふきで拭いているのかと母親が尋ねた時に「拭いてません」と職員が答えたことが不満である。その他これまでの職員の対応や保育園の対応、保護者同士の不満など。
相談者の希望 職員の対応の仕方、言い方が悪い。入園者が多いので安心しているのではないか。
職員や他の保護者に対して不満があるのでできれば転園したい。
相談経過 園長とはなしをし、担任と共に謝罪する。翌日からは普通に登園。
改善策 ・同じ言葉でも言い方によってとらえ方が違ってくるので、気を付けるように職員全員に話をする。
受付日 令和元年5月
受付担当者 園長
相談者 意見箱(匿名)
内 容 親子遠足の時にある保護者が遠足の様子を撮影した映像を園の保護者全員が見られるようにチラシを掲示したことについて。
相談者の希望 IDを付けて第三者が見られないようにはしているようだが、家庭によっては園内保護者にも見られたくない家族もいるので控えてほしい。
相談経過 撮影者に対して、保護者によっては良く思わない方もいることを説明し、今後の撮影をと公開を控えていただくように伝えた。
改善策 ・自分の子ども以外はできるだけ撮影をしない。
・相手の同意なく、ID付きであっても公開しない。
受付日 令和元年7月13日
受付担当者 保育士
相談者 保護者 (利用者との関係:母)
内 容 内容 噛まれたことに対して。
・夕方に、ロッカーの場所取りの際、子どもの手の甲を噛まれた。
相談者の希望
相談経過 ・父親が直接謝罪をした。
・翌日まで噛み跡が残った。
・親のしつけがなっていない。
・ちゅうりっぷ組からすみれ組になって、保育者の人数も減るので大変だとは思うが、噛み癖のある子どもはしっかり見ていてほしい。
改善策 改善策 ・当面の間、噛まれた子ども噛んだ子ども共に職員が1人づつ着くようにする。
・噛み癖のある子どもには、特に注意する。
受付日 令和元年8月6日
受付担当者 保育士
相談者 保護者 (利用者との関係:母)
内 容 友達が開閉しているドアに顔をぶつけて左目の横にすり傷を作っていた。保育士からの報告はなく、子どもが先生に言ったら「ふーん」と言うだけだった。
相談者の希望 ・目の側なので、心配。ドアを開閉していた子はいつも元気がよすぎるので普段から気を付けておいてほしい。
「ふーん」と言ってとりあってくれなかった先生もどうかと思う、以前の先生たちはそんな無責任なことはなかった。きちんと指導してほしい・
相談経過 園長が謝罪をして今後改善していくように約束をする。
担任とその時対応した職員に伝える。対応した職員は心当たりがないという。
それぞれ保護者に謝罪をする。
改善策 ・子ども達の声にもう少し耳を傾けて対応を怠らないようにする。
・他の子ども達にも友達との関わりやしてはいけないことなどをもう一度確認する。
・保護者ともしっかり話をする。